高齢出産の率を見てみよう

高齢出産の率を見てみよう

高齢出産の率を見てみよう

高齢出産は、年々多くなっています。その伸び率というものを、実際に数字で見てみましょう。30歳から34歳までの妊娠の伸び率は、1.1倍。35歳から39歳までの伸び率は、1.6倍。40歳から44歳までの伸び率は2.4倍、45歳以上で2.3倍です。

高齢出産が本当に多くなっているということがわかりますね。女性も働く場を得て、今では女性が上司ということも少なくありません。男性並、いえそれ以上のお金を稼ぎ出す女性も多く、マンションを購入して、男性に頼ることなく自立した生活をしているという方が、本当に多くなったのです。

そうなると、何も結婚をあせることもなくなります。それに、医学の技術が進歩しているということもあります。世間に結婚しない女性、またお子さんのいないディンクスと言う夫婦が多くなったことも、妊娠する年齢が高くなっている原因でしょう。

高齢出産になると辛いよね、アラフォー出産はいろんなリスクがあるよね、と言うようなことを考える方も、多かったのですが、どんどんアラフォー出産にチャレンジしていく方々をみては、これは私も頑張れるかも・・と思うのですよ。

そう、高齢出産、アラフォー出産は何も珍しいことはありません。率をみても、歴然とわかりますね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional