自分の体に耳を傾けて

自分の体に耳を傾けて

自分の体に耳を傾けて

アラフォーで、初めてのお産と言うことになると、頭でっかちになっているかもしれませんね。あれはだめ、これもだめ・・案外自分にブレーキをかけすぎになってしまうということも、アラフォー、高齢出産にはありがちです。

それに、この年齢になると、もしかしたら・・高血圧と言う状況かもしれないし、何かの病気の経験がある・・という方も少なくないと思います。女性だって、40歳ともなれば、色々経験していますよね。

その経験している病気、また現在の状態というのも、医師にしっかり告げておくべきです。例えば、私の場合にはもし、今お産ということになれば、「腎臓が悪い」ということがハイリスクになります。尿にたんぱくがたくさん混じる状態になるでしょうし、多分、腎臓に負担がかかり、通常の妊娠生活は送れないでしょう。

こういったことは、医師にしっかり説明しておくべきです。医師も、この方には、こういった既往症があるということをわかっていることで、お産に対して、また妊娠中の生活に対して、準備が出来るということになるのです。

まずは、自分の体にしっかり耳を傾けて、神経質にならない程度に、変化を読み取ること。いたわるということはサボるのとは違いますからね。その辺もしっかり考えて過ごしましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional