流産、でもめげない!

流産、でもめげない!

流産、でもめげない!

高齢出産に挑んで、中には流産という悲しい出来事に遭遇してしまった、という方もいらっしゃいます。高齢出産、アラフォー出産の場合、産道が堅くなっている、子宮口が堅い、また卵子が老化しているので、流産になりやすいというリスクが指摘されています。

ですが、若い方も含めて、最近はかなり多くの方が流産を経験しているといいます。やはり食品の添加物のこと、食生活の影響、生活環境の変化というものが、女性の体を少しずつ変化させているのかもしれません。

高齢出産の場合、このリスクが高いといわれていますが、妊娠されたら、やはり初期段階は若い方もアラフォーもしっかり気を使っていきたいものです。ですが、どんなに気を使っても、大切にしていても、流産してしまうお産というのがあるのです。

多くは赤ちゃんの染色体異常や異常妊娠で、これ以上妊娠という状態を続けることができないよ、という赤ちゃんが流産という結果になるようです。流産というと、妊婦さんは自分を責めてしまいます。

ですが、この世に生まれてくるために必要な何かが、足りなかった赤ちゃんだったんだと、考えるようにしてほしいなと思います。誰のせいでもないのです。

流産しても、赤ちゃんがほしいと思ったら、あきらめないでほしいなと思います。医師の指示に従って、次の妊娠が出来るようになるまで、しっかり体を休めて心の安定を作り出してくださいね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional