嫌だけどリスクも知っておこう

嫌だけどリスクも知っておこう

嫌だけどリスクも知っておこう

高齢出産の大きなリスクというと、一般的に言われているのが、染色体異常というものです。何が、染色体異常という状態を作るのか。

妊娠は卵子と精子がであって確立するものですね。精子の問題よりも、卵子のほうが、染色体異常の元を持っているということです。なぜ?と思いますね。それは、男性と女性の機能の違いが関係しているのです。

精子は男性の精巣という部分で、新しく作られていきます。ですが、卵子というのは、女性が胎児の時代に作られて、卵巣の中で順番をずっと待っているという状態なのだそうです。

卵巣の中には、最初から卵子が入っていて、次々に順番を待って出て行く、妊娠が確率しなければ、生理という状態になって死んでいく・・つまり、アラフォー年代が妊娠するという時には、40年間ずっと待っていた卵子が妊娠を迎えるということになるのですね。

良い環境で40年間生きていればいいのですが、そうもいきません。様々な環境汚染を体に感じながら、また汚染を体に入れながら過ごしています。つまり、卵子もそれなりの影響を受け、染色体異常を起こしている可能性がある、ということなのです。

もちろん、卵子だけが問題ということではなく、男性の精子に染色体異常あるということもあります。男性の年齢が高くなればなるほど、退治の染色体異常が多くなるということも言われています。

ここで一言、私の友人は5人が、38歳以上が3人、42歳が1人、45歳が1人、高齢出産と呼ばれる年代に妊娠、出産をしていますが、染色体異常のお子さんはひとりもいません。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional