妊娠中毒症が増えるって本当?

妊娠中毒症が増えるって本当?

妊娠中毒症が増えるって本当?

アラフォー世代の妊娠に、妊娠中毒症という症状が多くなるということが言われていますね。私の友人達はこれをしっていたせいか、生活に気を使っていたということもあったのか?妊娠中毒症になったという方はアラフォー妊娠で一人もいません。

ですが、統計的には、20%以上も、若い方の妊娠よりも妊娠中毒症のリスクが高いといわれています。これは、ちょっとどうしようもないことですが、加齢によって、血管が老化して、血管内の皮細胞が障害を受けやすくなるということがあります。ですから、どうしても、若い方よりも妊娠中毒症のリスクが高くなってしまうのです。

妊娠中毒症は、高血圧、肥満症、腎炎という、合併症が怖いということが知られています。重症となると、命の危険もある怖い症状です。ですが、最初からアラフォー出産にはこういったリスクがあるということを聞いていますから、アラフォー達はとにかく知恵を絞って、このリスクから10ヶ月間、赤ちゃんを守ろうとします。

アラフォー妊娠で何がいいのか、というと、妊婦さんの心の安定です。すでに、大人も大人。辛いも苦いも何もかも味わっている妊婦さんです。我慢も知っていれば、何が大切なのか、必要なことは何か、頭でっかちになっているといってもいい状態です。

リスクがあるのなら、リスクがなるべく自分におこらないように、しっかり管理することが出来るのが、アラフォー出産の素晴らしきことだと思います。大丈夫!!アラフォーだからこそ、知恵を絞って乗り切りましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional