何が一番か?そう、それは安産

何が一番か?そう、それは安産

何が一番か?そう、それは安産

高齢出産、アラフォー出産で、めざすもの。それはもちろん、若い年代と一緒です。安産。すっぽりと軽いお産がいい!これは女性が誰でも願うことになるでしょう。経産婦の場合は特に、お産の痛みを徐々に思い出しますから、ああ、またあの痛みをこの年で味わうのね・・耐えられるかしら・・なんて思うもの。

初産でも経産でも同じことなのが、大事にしすぎないこと。それに神経質になりすぎないこと。お産は本当に辛くて長い時間かかるという方と?え?もう生まれるの?と感じるくらい、お産が軽い方と、それぞれなのです。でも、母子ともに、すっかり健康という状態で生まれれば、それはもう、安産ということなのですね。

確かに産道が堅い高齢出産の場合、時間がかかったり、帝王切開になったりというリスクも高くなります。でも、医師がその辺はしっかり見極めて、どちらにするのかということを、考えてくれますから、自分はとにかく、無事出産するということに集中しましょう。

旦那さんも、アラフォー出産という素晴らしい出来事に歓喜して、あれもやってくれるこれもやってくれるという状態だと思いますが、安産のために、からだが健康であるならば、お掃除も、お台所も、一種の安産体操だと思って、通常の生活と同じように過ごしていきましょうね。それが、安産への道。

ただ、おかしいな?と思うことがあれば、後から笑われてもいいので、医師に尋ねましょう。聞いて大丈夫ならいいのですが、あの時病院にいっていれば・・という後悔はして欲しくないのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional