友人のアラフォー出産だ!3

アラフォー出産3

友人のアラフォー出産だ!3

彼女の高齢出産は周りの人間にも大きな影響を与えました。まずは、おばあちゃん。彼女の母親です。彼女が45歳で出産するということを報告したとき、思わずおばあちゃんは絶句。これまで孫をあきらめていた(彼女は一人っ子です)おばあちゃんです。

友人は「こんな年になって恥ずかしい」って言われると思ったらしいのですが、おばあちゃんにはなんと、「ありがとう!ありがとう!」と。「冥土の土産に孫の写真を持っていけるよ」と。(笑)

そう、周りの方々にとっても、赤ちゃんが生まれるというのは、高齢であろうが、若かろうが、「幸せを運ぶもの」なのですよ。

ただ、周りの人間が余りに過敏になったので、自分でしっかり注意しなくては・・という気持ちにもなったということです。高齢出産ということがみんなの頭に浮かんだのでしょうね。「体に何かあったら」という気持ちが、若い方の出産よりも過剰に働いてしまって、据え膳上げ膳は当たり前・・という生活になりそうだったそうです。

でもここで友人。大人ですから、妊娠出産という本もしこたま読んでいます。体調が良くて、妊娠に異常がなければ、全く問題なく日常生活を普通に過ごす、動きすぎというくらいがいいのよ!と、家の掃除洗濯、食事のしたくももちろん、お散歩にマタニティスイミングに!!とアラフォーとは思えないほどの元気の良い妊婦さんでした。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional