友人のアラフォー出産だ!2

アラフォー出産2

友人のアラフォー出産だ!2

「つ・・辛い」という電話は、アラフォー出産を心に決めたわが友人45歳。何でも、つわりがきついらしく、「この苦しさは最高」といいます。最高?彼女いわく、「つわりがあるということは、わたしの中に赤ちゃんがいるということを感じさせてくれるもの」というのです。

はぁ・・アラフォーの出産というのは、ここまでポジティブになれるのねと、感心したものです。私もつわりには苦しんで、本当にこんな思いをするのは嫌・・と、ただ苦しい期間という思い出があるだけです。

でも彼女は違う。苦しい吐きつわりだったのに、「吐いているとね、ああ、妊娠しているんだ」って、なんだか幸せになるんだよね、というのです。精神的に安定しているというのは、ここまで心を豊かにしていくのね、と。本当に心から感心したものです。

彼女のつわりは妊娠2ヶ月半から結局6ヶ月に入るころまで続いたのですけど、その間にも、「食べ物の好みが変わったわ!これもこのお腹の子のなせる業ね!」と電話してきたり「冷たい氷を口に含むと、気持ち悪さが消えるのよ。ママは戦っているわよ」と、本当に強くてかわいい妊婦さんでした。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional