えー?帝王切開になりやすい?

えー?帝王切開になりやすい?

えー?帝王切開になりやすい?

これも、体の老朽化ということが関係してくるものです。嫌な話ですよね。アラフォーというと、老化現象がつきものみたいに出てきます。でもこれも、確かに年齢を重ねていますから、当たり前のこと。こういうこともあるんだなということで、さらりと聞いてほしいと思います。

高齢出産、アラフォー出産になると、産道が堅くなってしまうということがあります。そうなると、お産のときに産道が十分に開かず、経膣分娩つまり自然分娩ができにくくなってしまうのです。そうなると、吸引分娩や鉗子分娩となったり、帝王切開に踏み切ることが多くなるのです。

難産という状態は、お母さんだけでなく胎児にも大きな影響を与えてしまいます。お母さんが苦しいということは、おなかの中の赤ちゃんも一緒に苦しいのです。おなかに傷を与えるのが嫌、また出来る限り自然分娩がいいという気持ちはよくわかるのですが、やはりアラフォー出産です。

大事が一番ということで、お医者様が帝王切開にしましょう、という意見だったら、しっかりそれを受け止めることが何より大切だと思います。少しでも、リスクを負わないお産。それが、アラフォー出産のために必要な心です。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional